渋谷区幡ヶ谷の眼科(緑内障、仮性近視、ドライアイ、レーザー)なら幡ヶ谷眼科へ

幡ヶ谷(はたがや)、笹塚、初台(眼鏡・コンタクト処方・飛蚊症 ・花粉症)の事ならお気軽にご相談下さい

仮性近視 は 幡ヶ谷眼科

仮性近視にWOCを活用

特に小学生においては、調節力といってピントをあわせる力をたくさん働かせることができます。しかし、長時間読書をしたりTVゲームをしたりすると、調節が過度に緊張している状態となり遠方の視力が下がることがあります。

これは、本来近視ではないお子様が見かけ上近視のようにみえてるだけなので、俗に仮性近視と呼ばれます。

実際近視の場合は、点眼や訓練で裸眼視力は多少は向上しますが、近視が治るわけではなく、正しい矯正を眼鏡やコンタクトレンズでしなければなりません。

よって、お子様に眼鏡の必要があるかないかは、正確に近視か否かを判断するところから始まります。

その手段のひとつが、夜寝る前に点眼する目薬です。

遠視や調節の痙攣が疑われる時は、もう少し調節をしっかりとはずす目薬を使います。

重要なのは、正確に調節状態を把握して安易に器械のデータをうのみにしたり、必要以上に長期にわたり点眼を続けたりしないことです。

また、眼鏡の装用は近視をすすめる、かけたりはずしたりはよくない、といわれます。これはいずれも自然経過としての近視の進行や眼鏡をかけることで逆にかけないときの見にくさが強く意識されるからと考えられます。

過矯正は絶対に避けねばなりませんが、近視というものをよく理解し、よく見えることの利点をいかして欲しいと思います。